【ノウハウ活用ガイド】VMware Carbon Black

VMware Carbon Black ラインナップ

VMware Carbon Black ラインナップ

VMware Carbon Black 製品ラインナップとエディション表

本ページでは、「VMware Carbon Black Cloud Endpoint 」および「VMware Carbon Black Cloud Workload」の製品ラインナップや各エディションの特徴をご紹介します。

VMware Carbon Black Cloud Endpoint シリーズ

エディション表

Endpoint ライセンス Prevention Standard Advanced Enterprise
次世代アンチウイルス機能 〇(制限あり)
EDR機能
リアルタイム検索機能
高度な脅威ハンティング機能
外部の脅威インテリジェンス連携
最低購入数 25~ 100~
ライセンス単位 エンドポイント単位
対応OS Windows, Mac, Linux
クラウドデータ保管場所 US, Tokyo, Frankfurt, Sydney
契約期間 1年, 3年, 5年

Prevention 既存アンチウイルス製品からNGAVに乗り換えたいお客様向け

Standard NGAV+EDRによる次世代エンドポイント対策が必要なお客様向け

Advanced EDRにおける詳細調査で、リアルタイム調査が必要なお客様向け

Enterprise 能動的な脅威ハンティングやインシデント対応が必要なお客様向け

「Preventionエディション」のポイント

VMware Carbon Black Cloud Preventionは、「NGAV」機能のみに機能を限定することで提供価格を抑えつつ、スモールスタートや将来的なアップグレートなどの幅広いニーズに対応するエンドポイントセキュリティ製品です。

クラウド上のビッグデータ解析を行うCarbon BlackのNGAV機能は、既知の脅威は勿論、未知の脅威に対しても検知・防御が可能なため、従来型のアンチウイルス製品と入れ替えるだけでもセキュリティ強化を図ることができます。

5分でわかる!VMware Carbon Black Cloud Prevention とは?VMware Carbon Black Cloud Prevention とは? 本ページでは、エンドポイント向けのNGAV(次世代ア...

「Standardエディション」のポイント

VMware Carbon Black Cloud Endpoint Standardは、「NGAV+EDR」を単一のエージェントで提供します。サイバー攻撃の防御に加えて、エンドポイントで発生したあらゆるイベントを可視化し、迅速な対処や再発防止に向けた詳細調査が可能になります。

Standardエディション以上のNGAV機能ではポリシーの細かいチューニングが可能で、NGAV製品の課題である過検知・誤検知の削減につながります。EDR機能による豊富な遠隔対処と合わせて、企業のエンドポイントセキュリティの強化を支援します。

Carbon Black Cloud徹底解説 Standard編 〜NGAVで未知の脅威をブロック!〜
VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Standard編 〜NGAVで未知の脅威をブロック!〜VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Standard編 〜NGAVで未知の脅威をブロック!〜 Windowsの...

「Advancedエディション」のポイント

VMware Carbon Black Cloud Endpoint Advancedは、現時点でエンドポイントが持っているあらゆる情報を可視化する「Live Query」機能によって、アプリケーション情報や脆弱性情報などを検索・収集して活用することができます。

「Live Query」ではVMware Carbon Blackが常時収集するEDRログ以外にも、脅威に関連しうる1,500種類以上の情報をリアルタイムで収集でき、脅威ハンティングや脆弱性管理の情報収集や自動化に貢献します。

Carbon Black Cloud徹底解説 Advanced編 〜インシデント対応は時間が命!~
VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Advanced編 〜インシデント対応は時間が命!~VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Advanced編 〜インシデント対応は時間が命!~ サイバー攻撃との戦い...

「Enterpriseエディション」のポイント

VMware Carbon Black Cloud Endpoint Enterpriseは、エンドポイントを非常に高い解像度で可視化する「Investigate」機能が利用できます。詳細なプロセスツリーによって高度な攻撃を可視化し、あらゆるイベントや操作履歴をクラウド上に記録します。

さらに、脅威ハンティングのプロセスを自動化する「Watchlist」機能では、VMware Carbon Blackと外部の脅威インテリジェンスを連携させることで内部に潜むより多くの脅威を洗い出し、被害が生じる前にその兆候を把握して対処することが可能になります。

Carbon Black Cloud徹底解説 Enterprise編 〜脅威ハンティングとは?~
VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Enterprise編 〜脅威ハンティングとは?~VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Enterprise編 〜脅威ハンティングとは?~ 「御社から変なメールが...

VMware Carbon Black Cloud Workload シリーズ

エディション表

Workload ライセンス Essentials Advanced Enterprise
脆弱性の可視化
vCenterプラグイン
次世代アンチウイルス機能
EDR機能
リアルタイム検索機能
高度な脅威ハンティング機能
外部の脅威インテリジェンス連携
最低購入数 1~
ライセンス単位 CPU単位
クラウドデータ保管場所 US, Tokyo, Frankfurt, Sydney
契約期間 1年, 3年, 5年

Essentials vSphere環境の仮想マシンの脆弱性を可視化したいお客様向け

Advanced NGAV+EDRで仮想マシンのセキュリティ強化したいお客様向け

Enterprise 仮想マシンに対する本格的なEDRソリューションが必要なお客様向け

「VMware Carbon Black Cloud Workload」のポイント

VMware Carbon Black Cloud Workloadは、VMware vSphere環境の仮想マシン(ワークロード)とVMware Carbon Black Cloudがシームレスに連携し、「次世代アンチウイルス」「EDR」「脆弱性評価」「ワークロード可視化」といったセキュリティ機能をデータセンター向けに提供します。

例えば脆弱性評価機能では、クラウド上のデータを分析することで自動的に脆弱性の優先度を設定し、セキュリティチーム向けにはCarbon Blackの管理コンソールから、インフラチーム向けにはvSphereクライアントからその内容を確認することができるため、両者にとって最適な形で環境内のセキュリティ情報を把握・管理することが可能です。

5分でわかる!VMware Carbon Black Cloud Workloadとは?
5分でわかる!VMware Carbon Black Cloud Workload とは?VMware Carbon Black Cloud Workload とは? 本ページでは、ワークロード向けのセキュリティソリューショ...
Carbon Black Cloud徹底解説 Workload編 〜仮想環境の脆弱性管理~
VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Workload編 〜仮想環境の脆弱性管理~VMware Carbon Black Cloud徹底解説 Workload編 〜仮想環境の脆弱性管理~ サーバ統合によるコスト削減や...

VMware Carbon Black製品の購入方法

  1. ライセンスのエディションを選択
    VMware Carbon Black のエディションを選択
  2. 導入支援サービス (推奨)
    設計・構築やチューニング等、販売店の有資格者によるサービス
    ※ネットワールドでは全エディションに対して技術サービスが提供可能です。
  3. ネットワールド独自の日本語サポート(任意)
    導入規模を問わず、1社10インシデントから提供するヘルプデスク
    ※ネットワールドでは2017年からCB製品の日本語サポートを提供しています。
  4. ネットワールド独自の運用支援サービス(任意)
    24時間365日の監視体制で、VMware Carbon Black製品の運用をサポート
    ※EDR製品の運用を外部にアウトソースするMDRサービスです。

VMware Carbon Blackの導入ポイント

NGAVやEDRといった新しいセキュリティ機能を提供するVMware Carbon Blackの導入を成功させ、その導入効果を最大限に引き出すためには、適切なPoCや設計構築が非常に重要になります。

実環境に合わせたチューニングやEDRの運用体制を確立においては、ネットワールドやVMwareパートナー様が提供する「PoC支援サービス」や「導入支援サービス」の活用もご検討ください。

ネットワールドSEが語る!VMware Carbon Black 評価・導入のポイント
ネットワールドSEが語る!VMware Carbon Black 評価・導入のポイントネットワールドSEが語る!VMware Carbon Black 評価・導入のポイント 既存のアンチウイルス製品のサポート切れを機に、...

VMware Carbon Blackの導入事例

「学校法人成城学園 成城大学」様では、高度化するサイバー攻撃への防御やエンドポイントの可視化としてVMware Carbon Blackを導入しており、学内のセキュリティ強化を実現しました。

成城大学 五十嵐様は「VMware Carbon Blackはクラウド型の製品のためオンプレミスの管理サーバーを自前で運用する必要もなく、大量ログの保管場所にも悩まされずに済むという点や、物理/仮想両方の環境を監視できる点、エージェントだけで使える手軽さなどもご評価いただき、採用を決定した」と語って下さいました。

VMware Carbon Black Cloud 導入事例(学校法人成城学園 成城大学様)この度、ネットワールドが提供するVMware Carbon Black Cloudを成城大学様にご導入いただきました。導入事例資料では、成城大学様がVMware Carbon Blackを選定した理由やPOCを実施した際のエピソードなど詳しくご紹介しています。本ページ最後にダウンロードしていただけますので、ぜひご活用ください。...

旧Carbon Black製品との比較

Carbon Black社が2019年にVMware社に買収され、主要製品がセットになったバンドル製品が新登場しました。従来Carbon Black社で提供していた製品は、VMwareブランドとなった現在も単体購入することも可能です。

VMware Carbon Black 製品名称 旧 Carbon Black 製品名称
 

NEW

バンドル
製品

VMware Carbon Black
Cloud Endpoint Standard (SaaS)
CB Defense
VMware Carbon Black
Cloud Endpoint Advanced (SaaS)
CB Defense 
+ CB LiveOps
VMware Carbon Black
Cloud Endpoint Enterprise (SaaS)
CB Defense
+ CB LiveOps

+ CB ThreatHunter
単品
製品
VMware Carbon Black
Cloud Audit and Remediation (SaaS)
CB LiveOps
VMware Carbon Black Cloud
Enterprise EDR (SaaS)
CB ThreatHunter
VMware Carbon Black EDR CB Response
VMware Carbon Black
Hosted EDR (SaaS)
CB Response(Cloud)
VMware Carbon BlackApp Control CB Protection
VMware Carbon Black
Cloud Managed Detection (SaaS)
CB ThreatSight
VMware Carbon Black Inspection CB Inspection
VMware Carbon Black
Workspace Security
該当なし
(Workspace ONE 向けの
CB Defense +CB LiveOps)

VMware Carbon Blackの価格

以下フォームからネットワールドまでお問い合わせください。エンドユーザー様・パートナー様向けに、VMware Carbon Blackの価格表を用意しております。

お問い合わせ・ご相談はこちらから