【製品紹介】VMware SD-WAN by Velocloud

ネットワールドのSE解説!物理WANの課題をSD-WANで解決できる「3つのカギ」とは?

ネットワールドのSE解説!物理WANの課題をSD-WANで解決できる「3つのカギ」とは?

従来のWANがかかえる課題

従来のWANとは

一般的に本社(データセンター内)のプロキシサーバー介してネットワークを利用する従来型のWANです。各拠点と本社間をアクティブースタンバイ構成のインターネット回線で相互接続します。

便利になる一方で課題も…

それにより、本社を経由してインターネットへ接続する物理構成WANでは回線のひっ迫する原因になります。
また、各拠点と本社間の通信トラフィックの急増してしまい、各企業は高価な回線の本数を増やしたり、帯域幅を増強したりなど対応が必要となります。結果として、管理者の負荷が上がり、コストもかかってしまいます。この継ぎはぎの対応では、追いつかなくなってくることは明白な状況と言えます。

そうした中革命を起こす希望の星がSD-WANです。
その代表的なソリューションが「VMware SD-WAN by VeloCloud」です。

従来のWANがかかえる課題をSD-WAN by VeloCloudで解決できる3つのカギ
ネットワールドSEの相浦が解説します!

救世主!SD-WAN by VeloCloud

ネットワールドからの新たな提案はズバリ、

「既設の物理構成WANをSD-WANに置き換えること!」です。

 

VMware SD-WAN by VeloCloudを用いた課題解決の3つのカギは

  1. 拠点間接続の通信経路の最適化
  2. 拠点間接続の回線品質の最適化
  3. 特定アプリケーション通信の快適化

この3つです。それでは、3つのカギについて、1つずつ解説していきます!

これにより、拠点の拡大やネットワーク回線の拡張にも容易に対応でき、煩雑なネットワークの運用管理からの脱却を実現します。

また、ビジネスで必要とされる快適なITサービスを、各拠点に迅速に展開することが可能です。

①拠点間接続の通信経路の最適化

 

拠点間接続の通信経路の最適化を実現するには、各拠点に設置する「VMware SD-WAN Edge」というハードウェアアプライアンス(ルーター)がカギです。

従来型のWAN接続では、IPアドレスベースでの通信制御をしておりましたが、SD-WAN Edgeを使用することでアプリケーション単位で識別して通信経路を制御することができます。それにより、本社への過度なトラフィックの集中を防止し、WAN全体で不可分散して通信を最適化を実現します。IPアドレスベース制御で発生していた設定やメンテナンスなどの管理者負担を軽減することにもつながります。

また、各拠点からインターネットを経由してクラウドサービスに接続する「VMware SD-WAN Gateway」によりトラフィックを中央制御することができます。

たとえば・・・

・大阪支店-福岡支店間でのWebExを使用してビデオ会議をする場合、東京本社を経由せず両支店間で直接通信することが可能になります。

・各拠点の社員がOffice365を使用する場合、本社を経由しなくても直接クラウドにアクセスが可能になり、ローカルブレイクアウトを実現します。

拠点間接続の回線品質の最適化

拠点間接続の回線品質の最適化はアクティブースタンバイ構成の複数にわたる回線を仮想的に1本の回線に束ねることで実現します。
それにより、全ての回線をアクティブに無駄なく利用することができます。

また、おすすめの機能はマルチパス最適化機能(Dynamic Multi-Path Optimization)です。

VMware SD-WAN Edgeと連携して定期的に回線キャパシティのテストを行うことで回線の接続性と品質のチェックを行います。パケットロスなどの品質劣化を検知した場合、一番効率的になるよう自動的に修復や補正が行われるため、回線品質を維持しユーザーは意識することなく快適な通信を継続できます。

 

ベストエフォート20Mbpsの回線を使用した
50MBのファイル転送するケースの比較検証結果
(ヴイエムウェア社実施)

所要時間が22秒から12秒に短縮

自動補正によって通信の実効速度を10倍以上高速化する改善効果

 

1 2