【製品紹介】Digital Workspace​

〈ネットワールドSE解説!〉Horizon Cloud on Microsoft AzureでのVDI導入メリット

〈ネットワールドSE解説!〉Horizon Cloud on Microsoft AzureでのVDI導入メリット

近年、テレワークの需要の高まりから、オンプレミス環境のVDIよりも、比較的導入しやすいクラウド環境のVDIであるDaaS(Desktop as a Service)が注目されています。

本ページでは、その数あるサービスの中で注目されている、Windows 10やOffice 365などマイクロソフト製品と最も高い親和性をもつマイクロソフト純正のDaaSであるMicrosoft Windows Virtual Desktopと連携し、豊富な管理機能をもつ「VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure」について、ネットワールドのSEである工藤が解説します!

株式会社ネットワールド
SI技術本部ソリューションアーキテクト
課長 工藤真臣

 

 

Agenda

 

DaaSの新たな選択肢
Horizon Cloud on Microsoft Azureの効率的な運用
ネットワールドだからできる技術サポート

 

DaaSの新たな選択肢

オンプレミス環境で利用するVDI環境の課題と、DaaSの新たな選択肢である、「Horizon Cloud on Microsoft Azure」をご紹介します。

オンプレミス環境で利用するVDIの課題

先ほどお話した通り、テレワークの緊急導入で社員の働き方が多様化しております。
しかし、オンプレミス環境でのVDIでは下記のような運用上の新たな課題が見受けられます。

オンプレミスVDI環境の課題

 

社外からのリモートアクセスの増加によるリソースの拡張が追い付かない
Office 365など、クラウドサービスの利用急増にともなうトラフィックの増加

その課題解決策として、VDIの新たな選択肢となっているのがクラウド上DaaS(Desktop as a Service)です。
中でもマイクロソフトが提供しているMicrosoft Windows Virtual Desktop(以下、WVD)が注目されています。

 

WVDが注目される理由とは

WVDの1つ目の特長は、マルチセッションでWindows10を利用できる点です。
Azure上に限定されたWindows 10 Enterpriseの機能を搭載した1台の仮想マシン複数のユーザーが同時接続することが可能です。

これまでVDI上のクライアントOSは1ユーザーのみアクセスが許可されており、マルチセッションで運用するためにはサーバーOSを導入する必要がありました。

ですが、サーバOSを導入することで、リソース効率は高まるものの、クライアントOSとの間でアプリケーションの完全な互換性を確保することはできません。

WVDでは、その課題を解決することができます。

Azureでしか利用できないWindows10マルチセッション価値とは?

 

Azure上で運用するHorizon Cloud

そして、Azure上で運用できるDaaSを活用する手段として、VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure(以下、Horizon Cloud on Microsoft Azure)が挙げられます。

WVDのコントロールプレーンはすべてマイクロソフトが管理や運用をしていますが、Horizon Cloud on Microsoft Azureでは、従来からHorizon Cloudで利用してきたVMware独自の管理コンポーネントがその代わりを担うため、WVD側のサービスコンポーネントは利用しません。端的には、Horizon CloudがAzure上のWindows 10 マルチセッション環境に対応し、選択可能なOSが増えたとみることが可能になります。

また、Azureのインフラ部分のコンポーネントについても管理コンソールからの簡単・迅速に自動でデプロイすることが可能になるため、RDS/VDI環境を個別に作成することは不要です。

つまり、Horizon Cloud on Microsoft Azureは、まさにVMware Horizon CloudとWVDの“いいとこ取り”をしたVDIサービスです。

Azure VDI 3大ソリューションの関係性
1 2