マルチクラウド時代に
求められる
ロードバランサー/ADC

「 VMware NSX Advanced Load Balancer 」

クラウド活用が進む中、既存のロードバランサー/アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)では、キャパシティ管理、分散された管理ポイント、適用不可環境などで課題が生じてしまいます。これからの時代に求められるロードバランサー/ADCについて考えます。

従来型のロードバランサーの課題

企業のITインフラは、オンプレミスとパブリッククラウド、仮想化、コンテナ化など複雑化しています。こうした様々な環境を集中管理するには、既存のロードバランサーやADCでは多くの運用負荷がかかってしまいます。

物理型
ロードバランサーの課題

従来のロードバランサーは高価な専用のハードウェアを購入する必要がありました。また、別々にアプリケーションの負荷分散をしており、余剰しているリソースがあっても他で転用するといった柔軟な対応ができません。中央集中管理ができず1台1台個別に管理する必要があり、管理者にとっては大きな運用負荷がかかります。

パブリッククラウドの
ロードバランサーの課題

パブリックラウドにおけるロードバランサーは、各クラウドサービス内だけに限定されるため、オンプレミスや複数のクラウドを跨いだ運用は困難です。また、従来の物理型ロードバランサーの仮想版をパブリッククラウド上で稼働することは可能ですが、仮想環境では柔軟性や自動化が十分に発揮できません。

物理アプライアンス型
ロードバランサー
パブリッククラウドの
ロードバランサー
NSX Advanced Load
Balancer
一元的な管理 ×
クラスターごとに管理
×
クラウドベンダーごとに管理
○
マルチクラウドをまたいだ一元管理
伸縮性 × ○ ○
動作
プラットフォーム
△
物理・仮想・パブリッククラウド
(マルチクラウド構成は不可)
×
同一クラウドベンダー
以外では動作しない
○
物理・仮想・パブリッククラウド
(マルチクラウド構成も可)
リソースの
有効利用
×
待機リソースは未使用
○ △
コントロールプレーンが別途必要
機 能 ○
豊富
(L4、L7、WAF/GSLB)
×
限定的
◎
豊富
(L4、L7、WAF、GSLB・分析)

「VMware NSX Advanced Load Balancer」で、
運用負荷の低減と機器コストを削減

VMware NSX Advanced Load Balancerは、従来の物理型ロードバランサーとパブリッククラウド型ロードバランサーの良い部分を兼ね備えたソフトウェア型ロードバランサーです。機器にかかるコストを削減できるともに、管理を統合することによる運用コスト削減も見込めます。

環境全体の司令塔の「コントローラー(コントロールプレーン)」と、トラフィックを制御しデータ転送を担う「サービスエンジン(データプレーン)」が分離しているため、アプリケーションごとのロードバランスが可能で、コントローラーでの一括管理が可能です。また、サービスエンジンを追加するスケールアウト、CPUを追加するスケールアウトの両方に対応し、オートスケールによってアプリケーションの需要に応じて自動でリソースの割り当てができます。

図:運用負荷の低減と機器コストを削減

「Vmware NSX Advanced Load Balancer」の
主な機能

マルチクラウド対応

マルチプラットフォームを一元管理でき、1クリックでプロビジョニングが可能。自動化ツールを使った展開にも対応します。

分析と可視化

アプリケーションのパフォーマンスや稼働状況を可視化。またネットワークセキュリティの分析を通じて、DDoS対策など素早いトラブルシューティングを実施できるようになります。

オートスケール機能

サービスエンジンを自動追加するスケールアウト、CPUを自動追加するスケールアップの両方に対応しています。

エンタープライズ機能

広域でサイト間の負荷分散を実施するGSLB(Global Load Balancing )、Webアプリケーションを保護するWAF(Web Application Firewall )機能も提供します。

図:主な機能

Load Bakancing

  • L7 (HTTP) LB
  • L4 (TCP/UDP) LB
  • Global Load Balancing
  • Content Switching
  • キャッシュ/圧縮
  • オートスケール

セキュリティ

  • Web App Firewall
  • SSL終端
  • DDosからの保護
  • L3-4 ACLs
  • L7ルール/ポリシー
  • 帯域制限

情報収集 / 分析

  • Application map
  • サービスヘルスコア
  • Networkパフォーマンス
  • Appパフォーマンス
  • 通信ログ
  • Security Insights

プラットフォーム

  • 管理コンソール
  • 100%REST API / SDK
  • Self-Service
  • マルチテナント
  • Service Discovery
  • IPAM / DNS

「NSX Advanced Load Balancer」の
ユースケース

オンプレミスの既存ロードバランサーの置き換えをはじめ、ハイブリッドなVDI環境、ハイブリッドなクラウド環境など様々なユースケースに対応します。

  • SDDC / オンプレミス環境

    (ESXi, x86, NSX, OpenStack, …)

    • 管理コンソール
    • リアルタイム分析
    • SDN製品との連携と自動化
    • コスト削減
  • パブリック クラウンド

    (AWS, Azure, GCP,
    VMware CloudTM on AWS, …)

    • クラウドネイティブな自動化
    • エンタープライズ向けな機能
    • リアルタイム分析
    • 一貫性のあるマルチクラウド管理
  • コンテナ環境

    (K8S, OpenShift, PKS, AKS, GKE, EKS, …)

    • エンタープライズ向けIngress
    • COnverged LB, Security, Analytics
    • Service Discovery & App Map
    • マルチクラスタ&マルチクラウド
図:ユースケース

「NSX Advanced Load Balancer」の
ライセンス

購入にあたっては、「永続ライセンス+保守」か「タームライセンス(1年または3年)」を選ぶことができます。また、ライセンス単位は「Service Core(vCPU)単位」「CPU単位(VCF/NSXのアドオン専用の場合)」「CCU単位(VDI向けのライセンス)」があります。

ライセンス ライセンス単位
VMware NSX Advanced Load Balancer per Service Core Service Core(vCPU) 単位
VMware NSX Advanced Load Balancer per Processor CPU単位(VCF/NSXへのアドオン)
VMware NSX Advanced Load Balancer for VDI per CCU CCU単位(VDI向けのライセンス)

Service Core(vCPU)単位

図:Service Core(vCPU)単位

CPU単位(VCF/NSXのアドオン専用の場合)

図:CPU単位(VCF/NSXのアドオン専用の場合)

CCU単位(VDI向けのライセンス)

図:CCU単位(VDI向けのライセンス)

【90秒でわかる!動画解説】
VMware NSX Advanced Load Balancerとは?

株式会社ネットワールドについて

社名
株式会社ネットワールド
設立
1990年8月1日
代表者
代表取締役社長 森田 晶一
所在地
[本社] 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル
事業内容
ネットワーク製品のソリューション・ディストリビュータ
VMware社を始めとする様々なネットワークベンダー(メーカー)の主要ディストリビュータであり、300以上のベンダー、3万点以上の商品を取り扱い、どんなユーザーにも、最適なシステム構築を提供できる製品を品揃えしています。