【資料一覧】VMware Tanzu

【ホワイトペーパーDL】インフラとアプリの両面からDXを推進するアプリケーションの開発と運用をモダン化するVMware Tanzuとは

<ホワイトペーパーDL>インフラとアプリの両面からDXを推進するアプリケーションの開発と運用をモダン化するVMware Tanzuとは

Agenda
コンテナが注目されている理由
本資料でお伝えできること
VMware Tanzuのご支援体制
ホワイトペーパーダウンロード

ホワイトペーパー ダウンロードフォーム

コンテナが注目されている理由

現在、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速している中でDXは今後のビジネスにおいて非常に重要で必要不可欠な存在になっているかと思います。その中でコンテナが注目されています。コンテナはOSからアプリケーションを分離する仕組みで「いま使っているサーバが遅い」「すぐに本番運用したい」「新しい環境がすぐに欲しい」「バージョン管理を楽にしたい」「API で他と連携したい」といった開発者の要望に応えることが可能です。

その中でもアプリケーションをモダナイズする技術としてコンテナおよびそのオーケストレーターであるKubernetes が注目されています。しかし Kubernetes は、従来の仮想基盤と異なる環境を用意しなければならないなどの課題があげられますが、この課題の解決策となるのが「VMware Tanzu」になります。

本資料でお伝え出来ること

VMwareではVMware Tanzuを通じて、インフラストラクチャとアプリケーションの両面からお客さまのDXの推進が可能になります。また、VMware Tanzuの特徴としてサーバ仮想化で使い慣れた、VMware vSphereの環境に組み込んだ形で利用することができます。
そんなVMware Tanzuですが、VMware Tanzuのポートフォリオを構成する主要製品として「VMware vSphere with Tanzu」「Tanzu Build Service」「Tanzu Mission Control」「VMware Observabillity」があります。

本資料ではコンテナについてやVMware Tanzuを構成する主要製品について詳細にご紹介します。

VMware Tanzuのご支援体制

VMware Tanzuについてネットワールドでは、メーリングリストによるニュース配信、ウェビナー開催、オンラインでのハンズオンを開催しております。また、PoC環境の貸し出しも行っているので、お問い合わせ頂ければ幸いです。

また、導入決定時には有償サービスになりますが、ヒアリングサービス、導入サービス、スキルトランスファーサービス、導入後サポートサービス等々行っておりますので、導入~導入後まで一貫したサービスをご利用頂けます。

本資料をダウンロードしてご確認ください。

紹介資料 ダウンロード申し込み入力フォーム