【資料一覧】Digital Workspace

【ホワイトペーパーDL】VDI環境のエクスペリエンスを向上させる仮想GPU

【ホワイトペーパーDL】
VDI環境のエクスペリエンスを向上させる仮想GPU

▼Agenda
・仮想GPUソリューションとは?
・本資料でお伝えできること
・NVIDIAの強み
・ホワイトペーパーダウンロード

ホワイトペーパー ダウンロードフォーム

 

仮想GPUソリューションとは?

働き方改革への流れや昨今のコロナ禍を受けてリモートワークが拡大するなかで、VDI(デスクトップ仮想化)の導入が加速しています。ただし、多くの企業のVDI 環境でパフォーマンス低下の問題が発生しているのも事実であり、Windows 10やWeb会議などで増大していくグラフィックスや映像をCPUだけでは処理しきれなくなってきています。これらの課題を解決する決め手となるのがVDIに搭載可能な仮想GPUソリューションです。

仮想GPUは、仮想デスクトップ環境を向上させるソリューションであり、ソフトウェアによってサーバーに搭載されたGPUのメモリを仮想的に分割、複数台の仮想マシンで高いコア性能を効率的に利用することで、仮想デスクトップ環境を改善、いつでもどこでもどんなデバイスでもすべての業務で快適な環境を実現します。

 

本資料でお伝えできること

VDI環境で浮き彫りになってくる課題を仮想GPUによってどのように解決できるのかを本資料でお伝えいたします。

これではホストサーバー1台あたりに実装できる仮想マシンの数(集約率)は必然的に低下することになり、ホストサーバーの台数を増やさなければならないため、VDIのコストが増大してしまっていましたが、「NVIDIA vGPU」はホストサーバーに搭載したGPUのメモリを仮想的に分割することができるので、複数台の仮想マシンで高いコア性能を効率的に利用することができるようになりました。

本資料では具体的な数字を交えて仮想GPUについて解説いたします。

 

NVIDIAの強み

NVIDIA 仮想GPUはVMware Horizonの親和性は非常に高く、優れたパフォーマンスを発揮します。

VMware HorizonではH.264の映像圧縮方式に準拠した画面転送プロトコルとしてBlast Extremeをサポートしています。この通信をNVIDIA GPU に搭載されたNVENCと呼ばれるH.264およびH.265エンコーダを経由することで、H.264のエンコード処理をシステムのCPUからオフロードすることが可能となり、結果としてフレームレートの向上、ホストサーバーのCPU負荷の軽減、通信の低レイテンシー化、帯域幅の最適化などの効果をもたらし、低コストの端末であってもより優れた3Dグラフィックスのユーザー体験を提供することができます。

本資料をダウンロードしてご確認ください。

 


ホワイトペーパー ダウンロードフォーム