【資料一覧】VMware Tanzu

<ホワイトペーパーDL>コンテナを利用する開発者とインフラ管理者の溝を埋めるVMware Tanzu

コンテナを活用し迅速なアプリ開発を可能に!

Agenda
コンテナのメリット
本資料でお伝えできること
VMware Tanzu
ホワイトペーパーダウンロード

ホワイトペーパー ダウンロードフォーム

開発者とインフラ管理者との溝

アプリケーション開発の迅速化の方法として有効なのがコンテナ技術でメリットとしてアプリケーションの高速起動や軽量で高パフォーマンス等のメリットがあります

しかし、本番環境でコンテナのメリットを生かし切れている企業は少なく、なかなか活用が進んでいないということとコンテナを“ 使う” 側である開発者と、“管理する”側であるインフラ管理者の間にある意識のずれがあります。一般的に、開発者が「新しい開発環境が欲しい」と要望すれば、インフラ管理者が仮想マシンを切り出して提供し、その中で何をするかは開発者次第で、インフラ管理者は関与しないのでKubernetes がどう動くかがインフラ管理者から見えにくく、メリットが伝わりにくいということがあります。

本資料でお伝えすること

上記で挙げたような問題によりコンテナが「欲しい」開発者と「怖い」インフラ管理者の間に溝ができてしまいます。そこで「VMware Tanzu」は開発者とインフラ管理者の双方の視点からKubernetesを活用しやすく製品になります。
本資料ではKubernetesについてや「VMware Tanzu」について詳細にご紹介いたします。

VMware Tanzu

VMwareではKubernetesを活用しやすくする「VMware Tanzu」を提供しています。TanzuはKubernetes を動かすコンテナのインフラにサーバ仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」を利用しており、VMware 環境を利用してきたインフラ管理者はvSphere の延長線上でKubernetes を管理できるため、Kubernetes を使いこなす学習コストを抑えることができます。

ぜひダウンロードしてご確認ください!

紹介資料 ダウンロード申し込み入力フォーム