【資料一覧】VMware Horizon Cloud

<ホワイトペーパーDL>大規模なVDI環境に対応可能な「Horizon Cloud on Microsoft Azure with WVD」

大規模なVDI環境に対応可能な「Horizon Cloud on Microsoft Azure with WVD」

Agenda
オンプレミスVDI環境が抱える課題を解決!
本資料でお伝えできること
導入後の状態を評価「Lakeside SysTrack」
ホワイトペーパーダウンロード

ホワイトペーパー ダウンロードフォーム

オンプレミスVDI環境が抱える課題を解決!

オンプレミスのVDI(仮想デスクトップインフラ)は初期投資に費用が掛かってしまい、小規模な環境の場合手を出しにくいということがあります。また、増設の際にも再設計、再構築に手間がかかってしまいます。他にも運用管理の負荷も高い、ハートウェアのリプレイスなど導入前、導入後ともに様々な課題が発生してしまいます。

しかしこういった課題をVMwareのDaaS(Desktop as a Service)である「VMware Horizon Cloud」で解決することが可能です。
Horizon Cloudはクラウド上で展開された仮想デスクトップ/アプリケーションをサービスとして提供する製品になります。

本資料でお伝えできること

VMware Horizon Cloud」は導入、運用ともにシンプルで選定と設計・構築、ユーザー・データ、アプリケーション・OSだけでその他はすべてクラウドで展開されるため管理がとても簡易的です。

他にも、Horizon Cloudの管理コンソールをMicrosoft Azure上に展開してデスクトップ/アプリケーションを利用でき「VMware Horizon on Azure」やAzureをプラットフォームにしたDaaSのWVDをHorizon Cloudで管理できる「Horizon Cloud on Microsoft Azure with WVD」について本資料で詳細にご紹介いたします。

導入後の状態を評価「Lakeside SysTrack」

導入を検討するにあたってLakeside Software社の「Lakeside SysTrack」でエンドポイント中心にリソースの状況を分析できます。また、ユーザーエクスペリエンスを向上させて、IT資産を最適化させるためのデジタルエクスペリエンス製品になります。

Lakeside SysTrackのアセスメント上でHorizon CloudやHorizon Cloud on Azure、Horizon Cloud on Azure with WVDを導入を検討いただくことも可能です。

ぜひダウンロードしてご確認ください!

ダウンロード申し込み入力フォーム