【ノウハウ活用ガイド】VMware Tanzu

VMware Tanzu超入門編③ Kubernetesを管理する「VMware Tanzu」概要とエディション

Kubernetesを管理する「VMware Tanzu」概要とエディション

コンテナ、Kubernetesが注目を集める中で登場したのが「VMware Tanzu」(以下、Tanzu)です。Tanzuは、VMwareが提供するKubernetes関連製品群の総称で、Kubernetesに対応したソフトウエアの開発を支援するための一連のソフトウエアやサービスなどを含んでいます。ここでは、Tanzuの概要について紹介します。

VMware Tanzuとは

Kubernetesの新たな提供形態であるVMware Tanzuは、KubernetesとvSphereで構築した仮想マシンを一元管理できるプラットフォームです。

例えば、あるサービスを実装するとき、1つのKubernetesクラスターだけで完了することは、ほぼありません。例えば、開発、テスト、本番で1つずつ使えば3つのKubernetesクラスターが必要になります。さらに、それぞれアクセス制御のルールなどが異なるクラウドやオンプレミス上にまたがっているケースもしばしばです。

こうした複雑なKubernetes環境を管理できるのがTanzuです。多くの企業がVMwareの仮想化環境でオンプレミスシステムを構築する中で、オンプレミスとクラウドをまたがって管理ができることがVMware Tanzuの革新性と言えるでしょう。

VMware Tanzuは、「開発者が求めるスピード」と「IT管理者が求める運用負荷軽減」を両立させます。vSphere、AWS、Microsoft Azure、IBM Cloud、Google Cloud、VMware Cloud on AWSなどマルチクラウドによって、基盤としてのインフラ面の強みをさらに伸ばした上で、ビジネスの最前線での戦い方を左右するアプリケーション開発にスピードを持たせることができます。

VMwareに関する技術やスキルをもつ人材を、ローリスクでコンテナ環境にもシフトできることは、IT人材不足の今日において大きなメリットです。

マルチクラウド環境の時代、アプリ開発者とIT管理者の両者のメリットを

Tanzuの概要とポートフォリオ

ここで、Tanzuの全体ポートフォリオを紹介します。Tanzuの役割には、

・Build(構築):モダンアプリケーションの構築をサポート

・Run(実行):エンタープライズにおけるKubernetesの実行環境

・Manage(管理):開発者とIT管理者のための包括的なKubernetes管理

の3つがあります。

Buildでは、高速デリバリを可能にするランタイムである「Tanzu Application Services」や、本稼働対応のオープンソースソフトウエア(OSS)のカタログをキュレートする「Tanzu Application Catalog」などによって、クラウドネイティブなモダンアプリケーションの構築をサポートします。

Runでは、エンタープライズにおけるKubernetesの実行環境を提供します。VMware Cloud、パブリッククラウド、エッジなどのさまざまな環境上で、Kubernetesのランタイムである「VMware Tanzu Kubernetes Grid」を用いることで、マルチクラウド環境をまたがる形でオペレーションの負荷を削減できます。

Manageでは、マイクロサービスの安全な実行などを支援する「Tanzu Service Mesh」や「VMware Tanzu Mission Control」によって、開発者とIT管理者のための包括的なKubernetes管理と保護を提供します。

Tanzuの全体ポートフォリオ

 

VMware Tanzuの主なユースケース

ここで、VMware Tanzuのユースケースをみながら、どのようなメリットが生まれるのかを紹介していきます。

1つめは「インフラのモダナイゼーション」です。コンテナを駆使したKubernetesに対応するマルチクラウド、ハイブリッドクラウドにおけるインフラ環境を構築・管理し、既存のアプリケーションを容易に移行(リフト)できる環境を整えます。

2つめは「DevOpsの推進」です。アプリケーションの開発スピードをあげるためには、システムインテグレーターなどの外部に任せるのではなく、自社内に開発チームを持つ内製化の必要性が指摘されています。開発と運用を一体化させ、必要なアプリケーションをスピーディに開発・運用し、継続的な改善ができる環境が整います。

3つめは「新たなアプリケーション開発」です。新規のアプリケーション開発から実装までの期間を大幅に短縮できるようになり、俊敏なデリバリ体制をつくることができます。優れたアイデアを、すぐにでもアプリケーションとして形にすることができるようになります。

VMware Tanzuの主なユースケース

 

Tanzuの4つのエディション

Tanzuには、「Basic」「Standard」「Advanced」「Enterprise」の4つのエディションがあります。2021年1月現在、Basic、Standard、Advancedが提供されています。

お問い合わせ・ご相談はこちらから