【イベント情報】オンデマンド

【オンデマンドセミナー】<技術向けWebセミナー>Azure VMware Solution 検証結果フィードバック ~ vExpert 3名が集結!パートナー様との共同検証結果を余すことなくお届け!~

AVS検証結果をフィードバック!ネットワールドセミナーのオンデマンド配信!

ネットワールドは、Webセミナー「【技術向けWebセミナー】Azure VMware Solution 検証結果フィードバック ~ vExpert 3名が集結!パートナー様との共同検証結果を余すことなくお届け!~」を2021年4月6日に開催しました。セミナー当日のセッション模様をダイジェストでお伝えします。

オンデマンドセミナーにお申込みいただくと、セミナー当日の講演動画と講演資料をダウンロードいただけます。

2021年4月6日(火) 開催セミナー

【技術向けWebセミナー】Azure VMware Solution 検証結果フィードバック
~vExpert 3名が集結!パートナー様との共同検証結果を余すことなくお届け!~
 

< 14:00~14:30 >
Azure VMware Solution(AVS)とは?

株式会社ネットワールド
SI技術本部
ソリューションアーキテクト課
工藤 真臣

< 14:30~14:40 >
質疑応答

< 14:40~15:10 >
【AVS徹底検証】インフラ基盤編
~オンプレ連携やKubernetes展開も検証してみた~

ネットワンシステムズ株式会社
ビジネス開発本部 第1応用技術部
奈良 昌紀 氏

< 15:10~15:40 >
【AVS徹底検証】仮想デスクトップ編
~「Horizon 8 on AVS」vs「Horizon Cloud on Azure」~

ネットワンシステムズ株式会社
ビジネス開発本部 第1応用技術部
小林 浩和 氏

< 15:40~15:50 >
ネットワールドのAzure VMware Solutionご支援体制

株式会社ネットワールド
マーケティング本部 ソリューションマーケティング部 SDソリューション課
飯沼 愛永

オンデマンドセミナー 視聴お申し込みフォーム
(講演資料も同時にダウンロードいただけます)

はじめに

2021年4月6日に開催された技術向けWebセミナー「Azure VMware Solution 検証結果フィードバック」の概要をレポートします。ネットワールドでは、ネットワンシステムズ様(以下、敬称略)と共同でマイクロソフトが提供するVMwareソリューション「Azure VMware Solution(AVS)」の検証を実施しました。

昨今さまざまな形でソリューションの解説書などが提供されていますが、より具体的で技術面に沿った、エンジニア向けの解説はまだまだ少ないのが現状です。そこでAVSの活用について多くの顧客案件を手掛けているネットワールドとネットワンシステムズのエキスパートが実際に「よくある活用法」を試した結果をお届けします。

パブリッククラウドのエンタープライズ活用を推進するAzure VMware Solution(AVS)

冒頭で、AVSについての概要をエンジニア向けに解説します。VMware Cloud on AWSなど他のパブリッククラウドとの比較や、いわゆる「HCI製品」を導入した場合との、運用負担の差について説明するとともに、オンプレミス環境からの移行方法、その際に利用できるVMwareが提供する「VMware HCXサービス」などをご紹介しました。

ユーザーはパブリッククラウドへの移行に際して、「パブリッククラウドに新しい仮想環境を構築しても、既存 VMware 環境との互換性を確保したい」「使い慣れたツールや培われたスキルと知識をそのまま適用してきたい」などさまざまなニーズを抱えています。こうした代表的なユーザーニーズにAVSがどのように対応できるのかが重要です。本セッションでは、AVSの技術概要とその注意点についても時間を割いて解説しています。たとえばストレージのサイジングやネットワーク接続におけるポイントについてもケースごとに解説しております。

よりユーザーの実情に合わせたインフラ環境で検証

次のセッションでは、「【AVS徹底検証】インフラ基盤編」と題し、AVSとAzure Virtual Network (VNet)やVMware HCXによるオンプレミスと環境との連携、オンプレミスやvSphere環境、パブリッククラウド等に対してオープンソースのKubernetesを展開可能なソフトウェアであるVMware Tanzu Kubernetes Gridの利用などについて検証しています。

ネットワンシステムズ側に構築したVNet環境とネットワールド側の環境に構築したAVSのプライベートクラウドとをExpressRoute回線でつないだ環境で実証しており、プライベートクラウドとオンプレミスの接続ではExpressRoute Global Reachを利用しています。

こうした環境で、それぞれの仮想環境を確実に活用できるのか、あるいはSQL DatabaseなどのAzureネイティブサービスをスムーズに利用できるのか、といった検証が進められました。またApplication GatewayによるAVS VMの公開も実施し、インターネットもしくは内部ネットワーク向けにAVS VMの負荷分散を提供することを検証しています。

VMware HCXの検証では、マイグレーションを実施した結果も公表し、詳細な手順も分かりやすく解説しています。さらにAVSにおけるTanzu Kubernetes Grid(TKG)の利用では、Azure Kubernetes Service(AKS)との検証結果の比較も公表しています。TKGのManagement Clusterの作成手順も解説しております。

仮想デスクトップの構築に欠かせない技術者視点のナレッジ

次のセッションでは、「【AVS徹底検証】仮想デスクトップ編」と題して、「VMware Horizon on Azure VMware Solution」と「Horizon Cloud on Azure」の比較検証を行っています。

Horizon Cloud on Azureは従来のAzureのインフラ上でVMwareが提供するHorizon Cloudを利用するもので、DaaSモデルとしてHorizonを活用します。一方、VMware Horizon on Azure VMware Solutionは、AzureのIaaSサービスとしてVMware Software-Defined Data Center(SDDC)の機能を提供することになり、ユーザーはオンプレミスで利用されているVMware HorizonをAVS上に構築することができます。

両社の比較では、Horizon Cloudのほうが、管理が楽だというメリットがありそうですが、実際の検証によって、オンプレミス環境でHorizonを使っているユーザーにとって親和性が高いのはVMware Horizon on AVSであることが指摘されています。同時にHorizon Cloud on Azureを利用した方がいいケースも具体的に解説されており、選択肢の幅が広がります。

またコストを重視した最小構成案なども掲載しており、導入担当者にとっては役立つ内容になっています。さらにView Storage Acceleratorやディスク容量の再利用、インスタントクローンの利用など、両ソリューションの違いについても解説しており、負荷試験比較の結果も詳細に説明れています。

ネットワールドの豊富なクラウドサポート体制

最後のセッションでは、ネットワールドによるAzure VMware Solutionの支援体制について説明します。

ネットワールドはAzureソリューションへの対応を強化し、ハイブリッドクラウド・サービス・ディストリビューターとしての活動を強化しています。ユーザーのハイブリッドクラウド構築を支援するなかで、Azureソリューションについても、強力なサポート体制づくりを行っています。

Azure VMware Solutionのライセンス体系をはじめ、ネットワールドによるAzure VMware Solution検証センターのサービスや、PoC支援も含めた、各種導入支援サービスについて解説しています。

ぜひ、動画や講演資料をご参照ください。

セミナー資料&講演資料 お申込み入力フォーム

今回のセミナーをオンデマンド配信しています。
同時に講演資料のダウンロードも可能ですので、ぜひご視聴ください。
またご不明点やお困りごとなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

オンデマンドセミナー お申し込みフォーム
(講演資料も同時にダウンロードいただけます)