【ノウハウ活用ガイド】VMware Horizon Cloud

〈ネットワールドSE解説!〉Horizon Cloud on Microsoft AzureでのVDI導入メリット

〈ネットワールドSE解説!〉Horizon Cloud on Microsoft AzureでのVDI導入メリット

近年、テレワークの需要の高まりから、オンプレミス環境のVDIよりも、比較的導入しやすいクラウド環境のVDIであるDaaS(Desktop as a Service)が注目されています。

本ページでは、その数あるサービスの中で注目されている、Windows 10やOffice 365などマイクロソフト製品と最も高い親和性をもつマイクロソフト純正のDaaSであるMicrosoft Windows Virtual Desktopと連携し、豊富な管理機能をもつ「VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure」について、ネットワールドのSEである工藤が解説します!

株式会社ネットワールド
SI技術本部ソリューションアーキテクト
課長 工藤真臣

 

 

Agenda

 

DaaSの新たな選択肢
Horizon Cloud on Microsoft Azureの効率的な運用
ネットワールドだからできる技術サポート

 

DaaSの新たな選択肢

オンプレミス環境で利用するVDI環境の課題と、DaaSの新たな選択肢である、「Horizon Cloud on Microsoft Azure」をご紹介します。

オンプレミス環境で利用するVDIの課題

先ほどお話した通り、テレワークの緊急導入で社員の働き方が多様化しております。
しかし、オンプレミス環境でのVDIでは下記のような運用上の新たな課題が見受けられます。

オンプレミスVDI環境の課題

 

社外からのリモートアクセスの増加によるリソースの拡張が追い付かない
Office 365など、クラウドサービスの利用急増にともなうトラフィックの増加

その課題解決策として、VDIの新たな選択肢となっているのがクラウド上DaaS(Desktop as a Service)です。
中でもマイクロソフトが提供しているMicrosoft Windows Virtual Desktop(以下、WVD)が注目されています。

 

WVDが注目される理由とは

WVDの1つ目の特長は、マルチセッションでWindows10を利用できる点です。
Azure上に限定されたWindows 10 Enterpriseの機能を搭載した1台の仮想マシン複数のユーザーが同時接続することが可能です。

これまでVDI上のクライアントOSは1ユーザーのみアクセスが許可されており、マルチセッションで運用するためにはサーバーOSを導入する必要がありました。

ですが、サーバOSを導入することで、リソース効率は高まるものの、クライアントOSとの間でアプリケーションの完全な互換性を確保することはできません。

WVDでは、その課題を解決することができます。

Azureでしか利用できないWindows10マルチセッション価値とは?

 

Azure上で運用するHorizon Cloud

そして、Azure上で運用できるDaaSを活用する手段として、VMware Horizon Cloud on Microsoft Azure(以下、Horizon Cloud on Microsoft Azure)が挙げられます。

WVDのコントロールプレーンはすべてマイクロソフトが管理や運用をしていますが、Horizon Cloud on Microsoft Azureでは、従来からHorizon Cloudで利用してきたVMware独自の管理コンポーネントがその代わりを担うため、WVD側のサービスコンポーネントは利用しません。端的には、Horizon CloudがAzure上のWindows 10 マルチセッション環境に対応し、選択可能なOSが増えたとみることが可能になります。

また、Azureのインフラ部分のコンポーネントについても管理コンソールからの簡単・迅速に自動でデプロイすることが可能になるため、RDS/VDI環境を個別に作成することは不要です。

つまり、Horizon Cloud on Microsoft Azureは、まさにVMware Horizon CloudとWVDの“いいとこ取り”をしたVDIサービスです。

Azure VDI 3大ソリューションの関係性

Horizon Cloud on Microsoft Azureの効率的な運用を実現

次の章では、Horizon Cloud on Microsoft on Azureの活用メリットについてご紹介いたします。

メリット①RDS/VDI環境を簡単かつ迅速にデプロイ

WVDと比較したHorizon Cloud on Microsoft Azureのメリットとして、簡単なGUI操作でRDS/VDI環境を構築できることが可能です。
Azureのコンポーネント群から必要なものをコンソール上で選択するだけで、ほぼ自動的にRDS/VDI環境を展開することができます。

多少の運用経験があれば、1,000人以上のユーザーが利用するRDS/VDI環境を数時間で構築することも可能です。


簡単に展開!利用開始までの手順

 

 

メリット②業務軽減!日々の利用状況を一元管理

Horizon Cloud on Microsoft AzureのすべてのコンポーネントはAzure上で運用されているため、日常的な利用状況を把握し管理コンソールを通じて一元管理することができます。

これによりVDIを運用するための煩雑な作業を無くし、ユーザーへ円滑にサポートを提供することが可能になります。

その管理コンソールについて詳しくご紹介します。

適切なサイジング

毎日の同時ログイン数のパターンを把握することで適切なAzureのサイジングを維持し、コストを最適化することが可能です。

日々の利用状況を可視化

ログイン時間やCPU利用率の推移、ディスク遅延の推移等、必要とする監視項目をレポート出力することが可能です。

コントロールして最適化

パワーオン状態のVDIを適切な台数にコントロールし、Azureの利用料金を削減したり、ピーク時のログイン待ちの解消を実現します。

 

メリット③ヘルプデスク業務を効率的に。

また、ユーザからの「VDIに接続できない」「VDIの動作が遅くなった気がする」などのお問い合わせに対し、管理ポータル上から簡単操作でヘルプデスク業務が可能です。

ゲストOSにアクセスしなくても、プロセスのパフォーマンスや実行しているアプリケーションを確認し、必要に応じて強制終了などの対処を行うことができます。

ユーザー名で検索
各ユーザーに割り当てられたリソースを選択
管理ポータル上でリソースの詳細情報を確認
ゲストOSにアクセスすることなく、利用中のアプリケーションやプロセスの監視、強制終了が可能

 

メリット④自由なタイミングでアップデート

Horizon Cloud on Microsoft Azureのサービスコンポーネントは、お客様のAzure環境に展開されているため、新しいバージョンのリリースから90日以内であれば、お客様ご自身の都合にあわせて、自由なタイミングでアップデートすることができます。

 

今後のHorizon Cloud on Microsoft Azureの機能拡張

リモートワークの需要増加に伴い、VDI環境からWeb会議システムを利用するケースが増えています。
これを受けて、Microsoft Skype for BusinessやMicrosoft Teamsに対してはHorizon Cloudの機能が拡張され、Zoomからは最適化パックが提供されています。
また、今後WebEXに対する連携も強化される予定です。

 

ネットワールドだからできる技術サポート

ネットワールドでは、WVD単体はもちろんのこと、Horizon Cloud on Microsoft Azureの導入から運用まで見据えた提案および技術支援が可能です。

一例として次のようなサービスメニューをご用意しています。

有償サービス(一例)

WVD設定サービス
Horizon Cloud導入支援サービス
Azure初期設定サービス
各種ドキュメント作成サービス

また、WVDおよびHorizon Cloud on Microsoft Azure向けアセスメント支援として、VDIを利用するユーザーの“働き方”を可視化するソリューションであるLakeside Software社の「SysTrack」をご提供しています。

例をあげると、Horizon Cloud on Microsoft Azureを利用するユーザーの行動を把握し、Windows 10マルチセッションの最適な集約率の検討や、より効率のよいリソースプランを策定したりなど、安心安全にVDIを利用することが可能になります。

さらに、複数のパブリッククラウドを組み合わせて利用するマルチクラウド環境を可視化して管理を最適化するCloudHealth by VMware」もネットワールドでサポートしております。Horizon Cloud on Microsoft Azureの利用状況やコスト、ガナバンス対応状況などを1つのダッシュボードで一元的に管理することができます。

 

お客様にHorizon Cloud on Microsoft Azureのメリットを最大限に活用していただくため、ネットワールドではさまざまな技術支援をご用意しております。

お問い合わせは下記フォームより承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから