【イベント情報】開催レポート

〈セミナーレポート〉「★成功事例★VMwareパートナーが取り組む新規サービスとは?」ウェビナーを開催しました!

〈資料DL〉4/17開催 最新ソリューションご紹介Webiner レポート

はじめに

2020年7月28日(火)にヴイエムウェア株式会社、クラウディアン株式会社と実施した合同セミナーの様子をお伝えします。

「★成功事例★VMwareパートナーが取り組む新規サービスとは?」は、現在VMware Cloud Provider Programを検討中、契約中のお客様を対象に、よりクラウドプロバイダー様のビジネスを拡大することができるストレージサービスの現在をお伝えすることを目的に開催しました。

ヴイエムウェア株式会社様には、現在も多くの機能追加が行われているVMware Cloud Directorの最新情報とVMware社としてのクラウドビジネスの方向性について、クラウディアン株式会社様には国内外の事例をベースにクラウドプロバイダー様にCloudian HyperStoreが選ばれる理由について、弊社のセッションではVMware Cloud Director Object Storage Extensionを使うとクラウドプロバイダー様でどのくらいの費用でどのようなサービス展開が可能なのかについてお伝えしました。

本セミナーで行われた各セッションの概要について簡単にご紹介させていただきます。

VMware基盤のクラウド基盤に求められるサービスとは

2010年のリリース以降、多くのクラウドプロバイダー基盤で採用されてきた「VMware Cloud Director (旧vCloud Director)」。現在のVMware Cloud DirectorはvSphere とNSXをベースとしたIaaS基盤を提供するだけなく、より高度なサービスを提供できるように拡張性に対する取り組みが行われています。

従来はIaaSサービスしか提供することができませんでしたが、現在はVMware社が提供するContainer Service Extensionや本セミナーで紹介するObject Storage Extension、バックアップベンダーが提供するExtensionを利用することで、Kubernetesサービスや、オブジェクトストレージサービス、バックアップサービスをVMware Cloud Directorに統合することができることなどをお届けしました。

聴講されたお客様からの声

 「こんなに長い準備期間と構想を経て提供されているツールだとは知らなかった。拡張性についてもキャッチアップしていきたいと思った」

 ●「実はVMware Cloud Director を使っていなかったが利用を検討したい」など

講演タイトル:VMware 環境をフルで活かせる唯一のクラウド統合プラットフォームとサードパーティ連携の強化

登壇者   :ヴイエムウェア株式会社
クラウドサービス統括部 統括部長      神田 靖史 氏
クラウド技術統括部 クラウドスペシャリスト グエン クオン 氏

なぜ世界中のクラウドプロバイダーにHyper Storeが選ばれる理由とは

Cloudianはオブジェクトストレージ専業ベンダーとして、世界中の多くのクラウドプロバイダーに採用されてきました。その採用にあたり他の製品と比較してより高いAmazon S3との互換性など機能面もありますが、最大の強みはセキュリティにありました。多くのセキュリティ機能を他の製品に先んじて提供することで、多数のセキュリティ認証を取得しています。

その高いセキュリティを生かして、どうしてもパブリッククラウドには保存できない機密データの保存にも多く採用されているのです。本セッションではいくつかのクラウドプロバイダーの事例が紹介されましたが、例えばオーストラリアの政府機関向けクラウドであるAUCLOUDでの採用理由や提供サービスをピックアップしてお届けしました。

聴講されたお客様からの声

「クラウディアンは聞いたことがなかったが政府クラウドでもこんなに実績があることに驚きました」

「海外サービスプロバイダーの事例は参考になったがもう少し詳細を聞きたい」 など

講演タイトル:VCD + Cloudian で対パブリッククラウドに競争力を!

登壇者   :クラウディアン株式会社
セールスマネージャー 中田 義也 氏

VMware Cloud Director Object Storage Extensionが実現するストレージサービス

最後のセッションではVMware Cloud Director Object Storage Extensionを使ってVMware Cloud DirectorとCloudian Hyperstoreがどのように統合できるのか、そしてどのようなサービスが提供することができるかをお伝えしました。

VCPPパートナーの皆様にはVMware Cloud Director Object Storage ExtensionとCloudian HyperstoreをVCPP契約の一部として利用可能です。セッション内ではこのVCPP契約で利用可能なソフトウェアと専用ハードウェアを使ったコスト試算を行い、実際のパブリッククラウドと比較した内容についてお届けしました。

聴講されたお客様からの声

 「パブリッククラウドとのコスト比較が面白かった」
 ●「もうすこしオブジェクトストレージサービスのイメージを知りたい」 など

講演タイトル:日本初公開!VMware Cloud DirectorとS3互換ストレージが広げる新しいストレージサービスとは?

登壇者   :株式会社ネットワールド
SI技術本部 ソリューションアーキテクト課
次長 工藤 真臣

今回ご紹介したソリューションに興味をお持ちいただけましたらぜひ資料をダウンロードください。またご不明点やお困りごとなどございましたお気軽にお問い合わせください。

クラウディアン HyperStore 製品情報はこちら

今回のセミナー内容またはお問い合わせはこちら

Webinar資料ダウンロード申し込み入力フォーム

以下に必要事項をご入力下さい。
ご入力頂いたメールアドレス宛てに当該資料のダウンロードURLをお送りいたします。