コンテナ化への対応んでいますか?

Kubernetes管理の新たな形
「 VMware Tanzu 」

DXを推進していくために、仮想化技術の一つであるコンテナ化や、その管理・運用のためのオーケストレーションツール「Kubernetes」が注目を集めています。多くの企業がvSphereで構築した仮想化環境でシステムを構築してきたなか、オンプレミスとクラウドをまたいだコンテナ環境を構築し、ハイブリッド/マルチクラウドを進めていくには、どうすればよいのでしょうか。

コンテナの管理に
Kubernetesを採用する
メリット

Dockerなどのコンテナが稼働するマシンが増えてくると、「負荷分散をどうするか」「障害時のコンテナ復旧をどうするか」「どのホストにどのコンテナを置くか」「オートスケールさせたい」など、効率的に管理するためのさまざまながニーズが生まれてきます。そうしたときに役立つのが、コンテナオーケストレーションツールのKubernetesです。Kubernetesを利用することで、以下のようなメリットが生まれます。

図:コンテナの管理にKubernetesを採用するメリット

Kubernetesで
コンテナ化を進めるときの課題

Kubernetesを核としたコンテナ化はさまざまなメリットを生み出します。しかし、利用に際しての懸念点もいくつかあります。例えば、「既存のサーバー仮想化環境と別に環境が必要なのか」「用途に応じたクラスターを用意する必要があるか」「コンテナのネットワークが複雑すぎる」「遍在するKubernetesクラスターのライフサイクル管理」といったことです。また、コンテナという新たな領域に対応できるエンジニアが不足しているという人材面も大きな課題になっています。

図:Kubernetesでコンテナ化を進めるときの課題

Kubernetes の新たな提供形態
「 VMware Tanzu 」

こうした懸念を解決するのが、Kubernetesの新たな提供形態である「VMware Tanzu」です。VMware Tanzuは、Kubernetes環境とvSphereで構築した仮想マシンを一元管理できるプラットフォームで、「Build(構築)」「Run(実行)」「Manage(管理)」の3つの役割を果たす多様なコンポーネントで構成されています。vSphereに関する技術やスキルをもつ人材を、ローリスクでコンテナ環境にもシフトできるVMware Tanzuは、IT人材不足の今日において大きなメリットとなります。 

図:VMware Tanzu概要

【90秒で分かる!動画解説】
VMware Tanzuとは?

インフラ運用/アプリ開発の
モダナイゼーションとDevOpsを実現

ITインフラのモダナイゼーション

VMware Tanzuは、コンテナを駆使したKubernetesに対応するマルチクラウド、ハイブリッドクラウドにおけるインフラ環境を構築・管理し、既存のアプリケーションを容易に移行(リフト)できる環境を整えます。
VMware Cloud、パブリッククラウド、エッジなどのさまざまな環境上で、Kubernetesのランタイムである「VMware Tanzu Kubernetes Grid」を用いることで、マルチクラウド環境をまたがる形でオペレーションの負荷を削減できます。また、マイクロサービスの安全な実行などを支援する「VMware Tanzu Service Mesh」や「VMware Tanzu Mission Control」によって、開発者とIT管理者のための包括的なKubernetes管理と保護を提供します。

図:VMware Tanzu Kubernetes Grid

アプリケーション開発のモダナイゼーション

VMware Tanzuを活用することで、新規のアプリケーション開発から実装までの期間を大幅に短縮できるようになり、俊敏なデリバリ体制を構築することができます。優れたアイデアを、すぐにでもアプリケーションとして形にすることができるようになります。
高速デリバリを可能にする「VMware Tanzu Application Services」や、オープンソースソフトウエア(OSS)のカタログをキュレートする「VMware Tanzu Application Catalog」などによって、クラウドネイティブなモダンアプリケーションの構築をサポートします。

図:Tanzu Application Catalog

DevOpsの推進

アプリケーションの開発スピードをあげるために、システムインテグレーターなどの外部に依存するのではなく、自社内の開発チームで内製化することが重要視されています。VMware Tanzuにより、開発と運用を一体化させ、必要なアプリケーションをスピーディに開発・運用し、継続的な改善ができる環境を整備できます。

図:DevOpsの推進

VMware Tanzuの3つのエディション

VMware Tanzuでは、「Basic」「Standard」「Advanced」の3つのエディションを提供しています(2021年1月現在)。

  VMware Tanzu Basic VMware Tanzu Standard VMware Tanzu Advanced
テーマ vSphere環境でのKubernetesの実行 マルチクラウド環境でのKubernetesの実行と管理 コンテナ環境をセキュアにシンプル化して、アプリケーションの迅速なスケールアップを実現
用途 Kubernetesをこれから始めようとするお客様 Kubernetesを本番環境で複数管理を想定しているお客様 Kubernetesを中心としたCI/ CD 環境を構築するお客様
ビジネス
インパクト
リソース最適化 運用の簡素化と効率化 DevOpsとコンテナの連携
主要機能 Kubernetesベースのコンテナラインタイム
管理機能
ポリシーエンジンによる
Kubernetesの包括的な管理

ロギングと監視
ライフサイクル管理

高度なロードバランサー
包含製品 VMware vSphere with VMware Tanzu
AVI Essentials
Antrea/ Calico
Harbor
Fluentbit & Fluentd
VMware Tanzu Basic
プラス
•VMware Tanzu Mission Control
•Contour
•Prometheus & Grafana
VMware Tanzu Standard
プラス
•VMware Tanzu Observability
•VMware Tanzu Service Mesh
•VMware Tanzu SQL
•VMware Tanzu Build Service
•VMware Tanzu Application Catalog
•Spring Runtime
注意事項 vSphere環境でのみ配置可能
VMware Tanzu Standard へのアップグレード SKU あり
VMware Tanzu Mission Control に機能制限あり 製品ごとにライセンス数の
違いあり

株式会社ネットワールドについて

社名
株式会社ネットワールド
設立
1990年8月1日
代表者
代表取締役社長 森田 晶一
所在地
[本社] 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル
事業内容
ネットワーク製品のソリューション・ディストリビュータ
VMware社を始めとする様々なネットワークベンダー(メーカー)の主要ディストリビュータであり、300以上のベンダー、3万点以上の商品を取り扱い、どんなユーザーにも、最適なシステム構築を提供できる製品を品揃えしています。