【ノウハウ活用ガイド】Digital Workspace​

Azure Virtual Desktop(AVD)の導入を支援する、SysTrackのアセスメントサービス

Azure Virtual Desktop(AVD)の導入を支援する、SysTrackのアセスメントサービス

VDI(仮想デスクトップ)をクラウドで提供するDaaS(Desktop as a Service)が注目されるなか、マイクロソフトが提供する「Azure Virtual Desktop(AVD)」の導入を検討する企業を多く見かけます。しかし、十分な検証を行わずにAVDに移行した場合、導入から運用にわたって問題が生じ、せっかくの機能を十分に活用できない場合があります。Lakeside SoftwareはAVDのローンチパートナーとしてMicrosoftと無償のアセスメントツールを共同開発しました。AVDの採用を見極めるためには、SysTrackを活用しながら、導入を進めることにより正確にかつ迅速に移行することが可能になります。

AVDへ移行する際の課題

さまざまな仮想デスクトップサービスがある中でAVDが注目されているのは、Windowsを提供するマイクロソフト自身が提供していることによる、機能面の充実と安心感があります。また、AVDでは、Windows 10が持つマルチセッション接続機能を利用できる点もメリットです。マルチセッション接続により、1台の仮想マシンを複数ユーザーで共有できるようになるため、仮想マシンの消費を減らし費用を抑えられます。

しかし、マルチセッション接続機能があるからこその課題もあります。例えば、1つの仮想マシンを複数ユーザーで共有する際に、ヘビーユーザーがいると他のユーザーのパフォーマンスが劣化することなどです。また、アプリケーションやドライバーが想定通りに動作しない、Officeなどの更新でアドオンソフトが動作するかが不明になる、プリンタや外部のデバイスが使えないなどの課題が発生することもあります。

AVD移行でよくある課題

 

「Azure Virtual Desktop アセスメント」の活用

こうした課題に対応し、AVD環境へスムーズな移行を実現するために利用したいのが「アセスメントサービス」です。例えば、Lakeside Softwareでは、デジタル エクスペリエンス モニタリング ツール「SysTrack」を使った無償の「Azure Virtual Desktop アセスメント」を実施しています。

アセスメントによって、「ヘビーユーザーとライトユーザーの把握」「移行後のアプリケーション課題の認識」「マルチセッションの集約率の検討」「効率の良いリソースプランの策定」などを実施することが、AVDの導入を成功させる要因になります。

Azure Virtual Desktop アセスメントでは、SysTrackを利用して既存のデスクトップ環境から各種データを収集し、AVDへの移行を支援するレポートを出力します。主な内容は以下のとおりです。

  • OSバージョンごとの台数および利用時間
  • ユーザーのリソース使用量をもとにした分類および分類ごとの平均リソース使用量
  • 曜日ごと、1時間単位のアクティブユーザー数
  • 既存VDI 環境のアプリケーションサーバーとの通信状況をもとにしたAVD適合性分類
  • 共通アプリケーションの利用状況とリソース使用量をもとにしたユーザーのWindows 10マルチセッション適合性分類および分類ごとサイジング例
  • 既存システムのヘルス状況の分類および直近30日間のヘルススコアの推移

 

「Azure Virtual Desktop アセスメント」

 

導入後も必要な継続的なアセスメント

アセスメントに基づいて構築したプラットフォームでも、ユーザーが想定どおりに使ってくれるとは限りません。むしろ、想定どおりに行かないのが圧倒的に多いでしょう。そのため、導入後もSysTrackを利用してユーザーのデジタル デジタル エクスペリエンスを把握し、「利用が増えてきたユーザーや利用の少ないユーザーを適切に仕分け」したり、「適切な環境・インスタンスにユーザーを配分して過剰割り当てを減らしていく」など、適切なリソースの割当てを行っていく必要があります。

一般的な仮想デスクトップ管理ツールでは、システムの変化をユーザーごと、アプリケーションごとに追いかけることができず、プラットフォームのリソース消費量の変化や性能の劣化が「なぜ」起こったのか判断をする材料を入手することが困難です。SysTrackを利用することで、「いつ誰がどのアプリケーションを使い、セッションごとにどれくらいのリソースが消費され、どのような問題が起こっていたか」といったデジタル エクスペリエンスを可視化し分析することが可能になり、仮想デスクトップを容易に管理することができるようになります。

SysTrackでは、マルチセッションOSモニタリングとして、以下のような情報を提供します。

ユーザーエクスペリエンス

仮想デスクトップの運用では、個々のコンポーネントの状態を見る前にユーザーが快適に使えているかどうかを確認することが重要です。SysTrackはユーザーの使用感を表すユーザーエクスペリエンスを数値化し、ユーザーの使用感に影響を与えている要因を明らかにします。

ユーザーエクスペリエンスを数値化

 

セッションの遅延

ユーザーが「遅い」と感じた時に先ず確認しなければいけないポイントの一つが、ユーザーの端末と基盤をつなぐプロトコルの性能劣化です。SysTrackは主要なプロトコルであるVMware PCoIP/Blast、Citrix ICA、RemoteFXの性能を評価するデータを提供します。

セッション遅延の可視化

 

マルチセッションOS専用ダッシュボード

マルチセッションOS環境においては、「同時に稼働したセッション数」「セッション準備時間」「サーバーを利用したユーザー数」が正常な状態でなくなった時に、ユーザーの使用感が損なわれます。これらの重要なシステム状況をダッシュボードで監視できるようにすることで、ユーザーエクスペリエンスの安定化を支援します。

マルチセッションOS環境の可視化

お問い合わせ・ご相談はこちらから