【ノウハウ活用ガイド】Digital Workspace​

テレワーク常態化の時代、生産性向上とコスト削減を両立させる「デジタル エクスペリエンス モニタリング」とは

テレワーク常態化の時代、生産性向上とコスト削減を両立させる「デジタル エクスペリエンス モニタリング」とは?

 

コロナ禍によるテレワーク普及をはじめ、今後企業は想定外の出来事に直面する機会がこれまで以上に増えてきます。ITツールの不備によってストレスを生み、それが生産性の低下につながるような事態は避けなくてはなりません。新たな環境に合ったデジタル エクスペリエンスを定義し、導入の準備をしていく必要があります。基本戦略は、社員の働く環境を徹底的に可視化し、課題に対応していく「デジタル エクスペリエンス モニタリング」を実践することで、生産性向上とコスト削減を実現することです。

テレワークが常態化する時代における課題

イベントの休止、飲食店の営業制限などコロナ禍による“想定外”はいたるところで起きています。これは、企業のIT環境においても枚挙にいとまがありません。

テレワークへの急速なシフトにより、VPN対象ユーザーの拡大、PCの持ち帰り許可、私用PCの接続の許可、VDI(仮想デスクトップ)対象者の拡大、ウェブ会議の急激な増加など、まさに想定外の事態を迎えています。IT部門はビジネスを止めることなく、適切に対処していくことが求められます。

想定外の環境においてIT部門が対処すべきこうした課題は、分類すると「性能面の課題」と「ユーザーサポートの課題」の2つに分けられます。性能面の課題は、家庭内のWi-Fi環境の質、VPNの容量、インターネットの性能など。一方、ユーザーサポートの課題は、社員全員が異なるネットワーク環境で作業していることによって生じる難しさ、遠隔地で作業している社員の支援などです。

具体的には、VPNの使用率は適切か、TeamsやZoomなどのコラボレーションツールの使われ方や性能の確認、PCのリソース消費変化の把握などです。さらに、PCの利用環境や使用感をどう把握するか、在宅勤務者がITの課題に直面した時に、適切なサポートを提供できるかなども、対処すべき事案となってくるでしょう。

想定外がもたらす課題

 

ストレスによる生産性低下という課題

こうした想定外の事態がもたらすものとして懸念されるのは、ストレスによる生産性の低 下です。通常の物理PC、VDI、業務サーバーやクラウドなどいずれの環境でも、ユーザーにストレスが掛かることで、快適さが失われ、それは生産性の低下という形で、企業のビジネスに悪影響を及ぼしてしまいます。逆回転してしまったサイクルを巻き直し、ストレス解消、快適性の維持、生産性向上という流れをつくらなくてはなりません。

ストレスによる生産性低下という課題

こうした想定外の事態がもたらすものとして懸念されるのは、ストレスによる生産性の低 下です。通常の物理PC、VDI、業務サーバーやクラウドなどいずれの環境でも、ユーザーにストレスが掛かることで、快適さが失われ、それは生産性の低下という形で、企業のビジネスに悪影響を及ぼしてしまいます。逆回転してしまったサイクルを巻き直し、ストレス解消、快適性の維持、生産性向上という流れをつくらなくてはなりません。

企業にとって強力な味方となる「デジタル エクスペリエンス モニタリング」

テレワークを前提に、次々と発生する想定外に対応する新たな職場環境で生産性を維持、向上させるために、いま具体的なソリューションとして注目されているのが、ワークスペースアナリティクスです。

デジタル エクスペリエンス モニタリングは、エンドユーザーによる操作とシステムの関係性を定量的に可視化・分析し、役立つ知見を引き出そうという考え方です。デジタル エクスペリエンス環境に存在しているエンドユーザー、デバイス、ネットワーク、サービス、アプリケーション、インフラなどからデータを収集して可視化し、分析した上で、そこから知見を得ながら、さらに生産性が高く、低コストのワークスペースを目指します。

ユーザーのアプリケーション利用、ウェブサービス利用、ITリソース消費といったシステムの動きを可視化、分析することで、アプリケーション障害の原因やリソースの利用状況、生産性への影響を把握でき、そこからユーザーエクスペリエンスを向上させ、IT投資を最適化し、従業員の生産性を向上するなど、システムの安定稼働やコスト削減を実施するための知見を得ます。

デジタル エクスペリエンス モニタリング

 

デジタル エクスペリエンス モニタリング、導入による効果

ドイツに本拠地を置くコンシューマー向け製品メーカーであるMann & Schroder社は、デジタル エクスペリエンス モニタリングを導入することで、ネットワークトラブルを最小化し、ワークフローと生産プロセスの問題を大幅に削減しました。

パーソナルケア製品の製造工程は複雑なため、わずかな出来事がIT環境全体に大きな影響を与えることがあります。特にVDI環境において、レスポンスが悪くなるというユーザーからのクレームが頻発しており、ユーザーの生産性、エクスペリエンスの観点で、ITのパフォーマンスを監視する必要がありました。

デジタル エクスペリエンス モニタリング 導入により、物理と仮想の両環境の性能を監視したことで、課題を解決することができました。

想定外の常態化、いわば想定内へと転換する中でも、環境をコントロールするための施策は存在しています。企業として生産性とコスト削減を両立する新たなワークスペースを実現するために、デジタル エクスペリエンス モニタリングは大きな力になるのです。

デジタル エクスペリエンス モニタリングで実現できること

お問い合わせ・ご相談はこちらから