【イベント情報】オンデマンド

【オンデマンドセミナー】20名からすぐ使える!簡単・迅速・安価なDaaSがあります! ~中堅/中小企業様向けに、今さら聞けないDaaSの基礎知識から導入メリットをまとめてご紹介~

【オンデマンドセミナー】20名からすぐ使える!簡単・迅速・安価なDaaSがあります! ~中堅/中小企業様向けに、今さら聞けないDaaSの基礎知識から導入メリットをまとめてご紹介~

今さら聞けないDaaSお役立ち情報を60分に凝縮したネットワールドセミナーのレポート&オンデマンド配信!

ネットワールドが2021年2月8日開催したWebセミナー「20名からすぐ使える!簡単・迅速・安価なDaaSがあります! ~中堅/中小企業様向けに、今さら聞けないDaaSの基礎知識から導入メリットをまとめてご紹介~」で、ネットワールドのセールスコンサルティング部 菊池俊太と、ソリューションマーケティング部 飯沼愛永が講演。その模様をダイジェストでお伝えします。

2020年12月8日(火) 開催セミナー

20名からすぐ使える!簡単・迅速・安価なDaaSがあります!
~中堅/中小企業様向けに、今さら聞けないDaaSの基礎知識から導入メリットをまとめてご紹介~
 

< 13:30~14:10 >
今さら聞けないDaaS入門と「Networld Frontier DaaS」のメリット

株式会社ネットワールド
マーケティング本部 セールスコンサルティング部 セールスコンサルティング2課
菊地 俊太

< 14:10~14:20 >
ネットワールドのDaaS導入のご支援体制

株式会社ネットワールド
マーケティング本部 ソリューションマーケティング部 SDソリューション課
飯沼 愛永

オンデマンドセミナー 視聴お申し込みフォーム
(講演資料も同時にダウンロードいただけます)

いまさら聞けないVDIとDaaS、仕組みと違いを理解する

働き方改革や新型ウイルスの影響によってテレワークの整備が一気に加速し、テレワークに有効な手段として仮想デスクトップの導入が進みました。仮想デスクトップにはVDI(Virtual Desktop Infrastructure)を中心にさまざまな種類がありますが、中でも注目を集めているのがクラウドベースの仮想デスクトップである「DaaS(Desktop as a Service)」です。

VDIやDaaSによる仮想デスクトップはさまざまなシーンで活用でき、ワークスタイル変革、セキュリティ強化、運用管理の一元化といったメリットがあります。VDIはブラウザを使ってどこからでも自分のデスクトップを利用できるので、vSphereなどの仮想基盤に仮想デスクトップを集約することでコストを削減し、端末紛失などによるデータ流出を防ぎます。また、テンプレートや全ユーザー用の仮想デスクトップを展開できるため、運用コストの削減やOS/アプリケーションの管理が容易になります。

VDIとDaaSの違いは、仮想基盤を自社内サーバーに構築するか、外部サービス事業者に構築するかの違いです。

VDIはインフラ維持管理が大変で、環境の増設にも時間がかかります。一方、DaaSは、インフラ管理をクラウドにまかせることができ、柔軟な拡張性を持つことがメリットです。2022年度のDaaS市場は、2018年度から2倍に成長すると予測されていて、働き方改革やテレワーク推進の機運が高まるなか、市場が活性化しています。

図:VDIとDaaSの違い

「Networld Frontier DaaS」の3つのメリット

ただ、従来のDaaSは、大企業向けのサービスが多く、最小契約台数や費用感が自社にフィットせず、見送りになってしまった企業が少なくありません。そこでネットワールドが提供しているのが「Networld Frontier DaaS」です。

Networld Frontier DaaSは、主に中小企業様をターゲットとしています。VMware Horizonによる最先端のリモートワーク環境を、迅速に、安価にお客様にご提供するDaaSサービスです。デバイスフリー、コストカット、スモールスタートという特徴があります。

デバイスフリーというのは、クラウド上のデスクトップに、いつでもどこでもデバイスを選ばず快適なアクセスを実現できることを意味します。また、コストカットは、短期間で容易に導入でき、運用管理者の作業負荷・システムにかかるコストを低減できること。スモールスタートは、20デスクトップからの小規模導入が可能で、さまざまな規模の企業がメリットを享受できることを指しています。

図:Networld Frontier DaaSのイメージ

テレワークや情報漏洩対策のソリューションとして活用

Networld Frontier DaaSは、さまざまな費用がサービス提供料金に含まれるため、作業負荷が大幅に低減できます。例えば、VMwareライセンス、仮想デスクトップ本体、ハードウェア、資産・設備などです。Microsoftライセンスも、クライアントの既存のWindows SAまたはVDAを持ち込んだり、サーバー側のRDSライセンスを活用したりすることもできます。

Networld Frontier DaaSを活用したソリューションとして、テレワークや情報漏洩対策が挙げられます。テレワークソリューションは、どの端末からでもアクセスできるテレワーク環境を、最短2週間でセットアップ可能です。「迅速な構築」「管理負荷の低減」「少人数(20人から)」というメリットを最大限に生かしたテレワーク環境を構築できます。

情報漏洩対策ソリューションは、情報の社外持ち出しや、社外からのアクセスに対するセキュリティ事故防止、ワークスタイル変革によるセキュリティ強化を実現します。VPNクライアントよりも管理とデリバリーが容易で、SaaSやPaaSなど他のクラウドと異なり、手元のPCに情報を残すことがなく安心です。

図:Networld Frontier DaaSを活用したテレワーク

 

図:Networld Frontier DaaSを活用した情報漏洩対策

20名からすぐ使える、簡単・迅速・安価なNetworld Frontier DaaS

実際、Networld Frontier DaaSには、小規模な企業を中心に多くの相談が寄せられています。

社員10〜20名規模のある会計系の会社では、設立してすぐにテレワークの整備を行おうとしましたが、ITインフラの整備をするための情報システム担当者の数が足りず、自社対応が難しいことが課題になっていました。そこでNetworld Frontier DaaSを20台導入し、月額使用料だけで、簡単に仮想デスクトップを構築。導入前からサポートを受けて、テレワークにスムーズに対応しました。

また、社員70〜80名のアプリ開発会社では、新型ウイルスの影響でオフィスを閉めなければならない場合を想定してテレワークを突貫で準備しましたが、情報漏洩の対策に不安がありました。また、一部の業務は継続して社内で行っており、テレワークに移行できていないことも課題でした。そこで、Networld Frontier DaaSを使って、デバイスに画面を映しているだけの状態にし、情報漏洩対策を実施。突貫で準備した環境を補完するかたちで、セキュリティを確保しました。

このように、少人数からすぐ使える、簡単・迅速・安価なDaaS、それがNetworld Frontier DaaSなのです。

セミナー資料&講演資料 お申込み入力フォーム

今回のセミナーをオンデマンド配信しています。
同時に講演資料のダウンロードも可能ですので、ぜひご視聴ください。
またご不明点やお困りごとなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

オンデマンドセミナー お申し込みフォーム
(講演資料も同時にダウンロードいただけます)